ワンズライフホームで家を建てる!ワンズライフホームの注文住宅の6つの特徴と坪単価

ワンズライフホームは2005年に設立された東京都世田谷区成城に本社を置く工務店です。

ワンズライフホームという社名は、「One‘s Life ホーム」で一生の家、一生涯の家という意味が込められているとのこと。

家づくりの一生のパートナーでありたいという思いのもと、完全オーダーメイドの注文住宅をお客様に提供しています。

そこで今回は、ワンズライフホームの注文住宅の特徴や坪単価、評判などを詳しくご紹介してまいります。

ワンズライフホームの間取りや外観 6つの特徴

それでは、ハイクォリティな注文住宅の家づくりを提供しているワンズライフホームの特徴を詳しく見て見ましょう。

自社施工システム

ワンズライフホームでは、自社施工体制の「一生会(いっせいかい)」があります。

自社施工にこだわっているワンズライフホームは、ハウスメーカーにあるような施工を工務店に全て任せるということはせず、登録業者会制を導入。

登録された高い技術力を持つ職人達が工事を分離発注して管理監督するというもの。

ワンズライフホームの現場監督は全ての管理監督をしているので安心の完成度の高い家づくりが出来るのです。

フルオーダーメイドシステム

オーダーメイドシステムと言っても、ハウスメーカーや工務店によっては制約や標準仕様、プラン集があったりします。

これではオーダーメイドとは言えません。

ワンズライフホームのフルオーダーメイドシステムでは完全なるオーダーメイドで、お客様の要望のもとに全てを1から決めていく本物のフルオーダーメイドです。

建築家と造る家づくり

ワンズライフホームの設計は自社内で行っていません。

一般的に設計は自社に設計部があるものですが、ワンズライフホームはフルオーダーメイドであることもあり、お客様の要望を第一に考え外部の建築家に設計を依頼しているのです。

自社の設計となりますとどうしても会社の立場での設計に片寄る傾向が。

そうしたことも一切なしという徹底ぶり。ワンズライフホームの建築家の特徴は次の通り。

・独立した設計事務所を構えている
・敷地を活かした提案が出来る
・自然素材を活かすことが出来る
・こだわりのあるデザインや設計が出来る
・設計だけでなく住み心地やライフスタイルまで提案が出来る
・戸建て住宅等の設計が得意
・光と風もデザインすることが出来る

性能・工法

ワンズライフホームの他社との違いは工法についても。

初めから工法が決まっているのは本物の注文住宅ではないというこだわりのもと、構造の専門家が最適な安心出来る工法をコーディネート。

工法は5種類あり、木造在来工法・木造2×4工法・木造金物工法・鉄骨工法・RC(鉄筋コンクリート)の5つ全てに対応可能です。

基礎

ワンズライフホームの注文住宅の基礎は、強固な面で支えるベタ基礎。建物の荷重を分散させます。

また住宅の大敵である湿気対策は床下から。

床下喚起により常に乾燥した状態をキープ。

給水・給湯配管には高品質ヘッダーを採用。水漏れ防止の工夫もされています。

また、自然素材のホウ酸防蟻処理でシロアリ対策も万全です。

2×4工法

2×4工法は、材料の全てが規格化されており、面で構成されたモノコック構造です。

細かく規定されているので施工精度のバラつきが少ないのが特徴です。

ワンズライフホームの2×4工法では、優れた耐震性・耐火性が証明されています。

また、全ての構造材や金物をJAS規格によって厳しく品質チェック。

在来工法

在来工法と言うと柱や梁の線のみで支えるイメージがありますが、ワンズライフホームの注文住宅での在来工法は面でも支えるのでハイブリッドな工法と言えます。

そして、ワンズライフホームのオリジナルなOne’s Original軸組金物工法。

こちらの工法では、HSフレームシステムを採用しているので、品質のバラつきもありません。

それはコンピューターで制御された加工機械を用いているからなのです。

また、特殊金物と高強度の集成材で木造住宅では不可能だった大開口を実現。間取りの可能性が拡がります。

RC造

RC造のコンクリート工法造りは、圧倒的な強度と美しさが特徴です。

耐震性・耐火性・遮音性・断熱気密性・耐久性・防蟻性と全てに申し分のない高性能。

また、自由度が高いので、屋上や地下室なスペースも拡がります。

自然素材

長く住むほどに素材の味わいを楽しむことが出来るのが自然素材。

ワンズライフホームでは自然素材をお客様におすすめしています。

どのような素材があるのかを次にご紹介しましょう。

珪藻土

今や珪藻土のお風呂マットや珪藻土を使った商品が多く登場していますが、ワンズライフホームの注文住宅ではこの珪藻土を使った壁を採用しています。

呼吸する壁と言われるほど調湿性に富み、室内の湿度を快適にキープ。

また、ダニやカビの発生を抑制しアレルギーやアトピーの原因をもとから軽減。

ホルムアルデヒドなどのシックハウス症候群抑える働きがあるとされるので安心です。

無垢材

ワンズライフホームの家づくりでは、無垢材は欠かせない要素と位置付けています。

木を伐採し製材してそのまま使われるので、表情も1つ1つ違いがあって、長く使いこむほどに味わいの出てくる無垢材。

ワンズライフホームの無垢材の種類は、サペリ、ウォールナット、チーク、オークなど。

ワンズライフホームでは、木の美しさが際立つオリジナル家具も提案しています。

自然系断熱材

ワンズライフホームの自然系断熱材は2種類。

セルロースファイバーはリサイクル商品でエコな断熱材です。

その主な特徴は断熱効果が非常に高いこと、調湿効果もあるので結露防止効果も高いこと、吹付施工なので隙間なく出来ること、防音性も優れていること、ホウ酸仕様で防虫効果も高いことが挙げられます。

もう1つはフォームライトSL(発泡ウレタンフォーム)。

こちらは専用のガンで吹き付ける隙間のない施工。

非常に軽く、接着性が高く、脱落や垂れさがりなし。

断熱性はもちろん耐久性も高い断熱材です。

また、ノンフロンなので環境に優しい特徴を持ちます。

自然塗料

健康に暮らしていくには空気環境を整えることは必須。

そのために使用する塗料にもこだわるワンズライフホーム。

自然塗料を使用することで、安心・安全な空気環境が保てます。

自然塗料のオスモ塗装を採用。一般的に化学物質が含まれている塗料を使うところを、ワンズライフホームでは自然塗料を使用。

自然の植物油と植物ワックスから出来ているので、赤ちゃんのおもちゃにも使われているほどです。

タイル

ちょっとしたアクセントにタイルや石を使うことで家の雰囲気が変わるもの。

ワンズライフホームではタイルや石を使用することも提案しています。

タイルは汚れが付きにくく美しさ長持ち。焼き物のセラミックならではの風合いが魅力的。

機能と美しさの両立が可能です。

木製サッシ

ワンズライフホームでは、美しさだけでなく機能面も優れたスウェーデン製の木製サッシが用意されています。

結露しにくく長持ち。ガラスはトリプルガラスのLow-Eガラスを使用。高い断熱性と遮熱性を誇る優れもの。

ワンズライフホームの仕様

ワンズライフホームには標準仕様というものはありません。

とことん追求されたフルオーダーメイドなので仕様にもこだわりが見られます。

ワンズライフホームのこだわりの素材を1つ1つ見て行きましょう。

外観タイル

外観は家の顔と言うべきもので外観は年数が経つほどに汚れが目立つもの。

特徴は先ほどのタイルの説明と同じです。

外観塗り壁

一般的な外観の塗り壁は10年周期で塗り替えが必要とされますが、ワンズライフホームの外観塗り壁は塗り替えのない無機質な外壁仕上げ材を使用。

耐久性も高く汚れや埃もつきにくい素材です。

建具

全てがお客様のために。

ライフスタイルや好みに合わせてヒヤリング。1つ1つを丁寧に造り上げていきます。

窓・玄関

窓・玄関で家の印象がガラリと変わるもの。

様々な商品から選ぶことも出来ますし、オリジナルで作ることも可能。

照明

ワンズライフホームは照明にも自然を取り込みます。

自然の光のデザインを建築家と一緒に提案。お客様のライフスタイルに合わせてコーディネートしています。

キッチン

ワンズライフホームが他と違うのは、1つ1つの捉え方が常にお客様本位であること。

キッチンに関しては、設備ではなく家具であるという位置づけ。

中々他社にはない発想ではないでしょうか。オーダー対応で提案。

サニタリー

1日の始まりと終わりを支配するサニタリーは、清潔さを保ててリラックス空間にしたいもの。

ワンズライフホームでは要望通りの空間に仕上げます。

浴室

浴室は家の中で最も疲れを癒すスペース。

1からのオーダーメイドも可能。癒しの空間を提供してくれます。

エクステリア

都市部での内部空間の取り込みを大きなテーマとして掲げているワンズライフホーム。

外からも中からも景観を大切にした、バランスのとれたエクステリアを実現します。

ワンズライフホームの注文住宅の坪単価や平均相場はいくら?

ワンズライフホームの坪単価は明確な記載がないので正直分かりません。

ある住宅サイトでは坪単価100万円でワンズライフホームの注文住宅を建てたというのを見かけました。

フルオーダーメイドということから、工務店の中でもワンズライフホームは坪単価が高めの方かも知れません。

ワンズライフホームは値引きやキャンペーンはしているの?

ワンズライフホームの値引き情報は見当たりませんでした。

ですが、後ほどご紹介しますブログの中に、2社との建築家のプレゼンの様子などが書かれているのを発見。

他社との競合によってワンズライフホームでは値引きもありではないかと感じました。

基本的に工務店は値引きをしないということで、一切しませんと断言しているところもあるのは事実です。

中には担当の方との話し合いで値引き交渉に成功したという例もありますから、ワンズライフホームも担当の方との打ち合わせの際に値引きについても話されて見てはいかがでしょうか。

ワンズライフホームのキャンペーンについては、ワンズライフホームの公式サイトにありますニュースをご覧ください。

例えば、無料設計相談キャンペーンやバレンタイン・ホワイトデーキャンペーン、新春キャンペーンがありました。

豪華プレゼントも用意されているようですので、逐一チェックして頂くと良いでしょう。

ワンズライフホームのカタログを資料請求する方法

ワンズライフホームのカタログを資料請求するには、ワンズライフホームの公式サイトのご相談・お問い合わせフォームからとなります。

そこから、お問い合わせ・資料請求・注文住宅無料設計相談会などを選択する画面に変わり、資料請求をお選び下さい。

ワンズライフホームの会社案内や施工事例、イベント情報などの資料を無料で送付されるというもの。

具体的な資料のサンプルは紹介していません。

基本情報と簡単なアンケートに答えて送信すれば完了です。

ワンズライフホームの注文住宅は完成するまでどのくらい期間がかかる?

ワンズライフホームでは、注文住宅の工期がワンズライフホームの公式サイトのQ&Aに明記されています。

木造2階建ての30坪の注文住宅ですと、設計期間が3ヶ月、工事期間が4ヶ月となっていました。

ワンズライフホームは、どのぐらいの期間がかかるのかをはっきりと書かれていますので、目安となり判断も出来やすいのではないでしょうか。

ワンズライフホームの注文住宅の実例はどこでみる?

Processed with VSCO with g3 preset

ワンズライフホームの公式サイトにて、注文住宅の施工事例の項目があります。

カテゴリ別や建物面積から探すことが出来るので、気になった施工事例を簡単に見ることが可能。

カテゴリでは、狭小住宅・変形地・中庭のある家・二世帯住宅・三階建てなどで、こちらの施工事例では、それぞれ簡単な説明と後は写真満載で紹介されています。

また重複はしますが、それぞれの設備や部屋別でも分類されています。

それは、ウォークインクローゼット・階段、トイレ、浴室、ロフト、和室、書斎、収納、リビング、キッチン、吹き抜け、子ども部屋、LDK、洗面室、玄関、家具、寝室、外観、外構、ダイニング、バルコニーです。

こちらではリノベーションとして写真のみのご紹介です。

ワンズライフホームの良い口コミと悪い評判

ワンズライフホームの口コミ・評判は高い方であるのは確かです。

良い口コミを中心にご紹介しましょう。

・どの担当の方も親身に相談に乗ってくれました。

・デザイン性の高さと施工の丁寧さは抜群。

・自然素材を多く使用しているところがお気に入り。
断熱材の性能も良く、冬でも天気の良い日は暖房要らずで済みます。
快適に過ごせているのでワンズライフホームで家を建てて良かったと思えます。

・いくつかの会社からワンズライフホームを選んだのはフルオーダーメイドだったから。
間取り変更にも対応してくれて希望通りの家を建てることが出来ました。

・ワンズライフホームでの性能の良さに安心と満足。

対応も全てにおいて素早く、営業担当の方は特に誠実なヒアリング対応で大満足。

ワンズライフホームの完全なるオーダーメイドであることや担当者の対応力、自然素材を使用していること、高性能であることなど、評価の高い点が多く見られます。

住宅口コミサイトの中にはスタッフの対応が悪かったとか、この会社はやめた方が良いというようなものもありましたが、あまり根拠のない書き込みではないかと判断。

ワンズライフホームに限らず、どのハウスメーカーや工務店でもこのような書き込みが多いので、その点は見極めていかなければなりません。

ワンズライフホームの住宅展示場やショールームはどこにある?

ワンズライフホームの住宅展示場は、本社に併設された成城「Seijo Design Gallery」のみ。

これまでのワンズライフホームの沿革を見ますと、もともと本社は千代田区にあり、最初の展示場は三鷹展示場となっていました。

世田谷区に移ってからは、瀬田展示場、世田谷駒沢、Setagaya Design Galleryと閉鎖とオープンの繰り返し。

そして、2019年1月に本社が成城に移転したことで、「Seijo Design Gallery」がオープンされました。

本社移転ごとに展示場も変わりますので、ワンズライフホームの住宅展示場を見学したい場合、公式サイトにて確認をした方が良いでしょう。

そして、見学を希望される方は、展示場見学フォームから予約をお願いします。

ちなみに、ワンズライフホームの主な対応エリアは、東京都・千葉県・埼玉県です。

ワンズライフホームは建売住宅の販売も行っている?

ワンズライフホームは、注文住宅を扱う工務店となっていますので建売住宅の販売はありません。

ワンズライフホームの事業で見ますと、注文住宅事業、リフォーム・リノベーション事業、エクステリア・ガーデン事業、損保代理業となっています。

ワンズライフホームで注文住宅を建てた人のブログ

ワンズライフホームで注文住宅を建てた人と思って見て見ますと、2つの候補に絞った中にワンズライフホームが入っていたということで、施工は違うハウスメーカーでした。

それも7、8年前までのブログで1年くらいの流れを3ヶ月の短期間ブログにまとめたというものでした。

2社のプレゼンの様子を知ることが出来ますので、タイトルとURLのみのご紹介。

後はワンズライフホームのスタッフブログを発見しましたので、そちらをお届けします。

家もん~三角家族の家づくり~

2012年の5月から7月にかけて、家づくりの流れがまとめて掲載されています。
http://iemonpod.blog.fc2.com/

ワンズライフホームのスタッフブログ

ワンズライフホームのスタッフブログは、小まめに更新されていて新しい情報も次々と掲載されています。

住宅関係以外の記事も多いですし、テーマもブログというところに500以上の記事が集約されているので探しにくさは否めません。

大体のスタッフブログと言えば、公式サイトから見ることが出来るようになっているのもが多いですが、こちらでは公式サイトとは別のアメブロとなっています。
https://ameblo.jp/oneslife-home-blog/

ワンズライフホームでは実はスタッフブログとは別に工事ブログや住まいの豆知識もありました。

ですが、日付が2018年のものばかりで、住まいの豆知識は記事数も少ないです。

気になる方はスタッフブログと一緒に見られてはいかがでしょうか。

ワンズライフホームのアフターサービスや保証内容について

ワンズライフホームでは、3ヶ月・1年・2年の定期点検を実施。

その後もアフターメンテナンス部門が設けられていますので、何かの時は迅速な対応をしてくれます。

ワンズライフホームでは24時間365日対応のコールセンターも設置。

家づくりは完成で終わりではなく、ワンズライフホームにはどこまでもサポートさせて頂くというスタンスがありますので安心。

ワンズライフホームの保証の方は、長期の30年保証システムで万全。

初期保証の10年(基礎・構造躯体・防水・防蟻)を始め、10年ごとのメンテナンス工事を受けることで継続保証10年となり、最長30年の長期保証となります。

また、ワンズライフホームの地盤保証も徹底。注文住宅のほとんどの地盤調査は、SWS(スウェーデン式サウンディング試験)と呼ばれる簡易地盤調査。

それに加えてワンズライフホームでは、SDS(スクリュードライバーサウンディング試験)を採用。

高精度な土質の地盤判定が可能となり、不同沈下事故のリスクを抑える働きがあるのです。

晴れて良い判定が成された場合、10年の地盤保障が約束され、品質保証書が渡されます。

まとめ

ワンズライフホームと言えばフルオーダーメイドというくらいに、お客様の希望・要望に応えようとする誠実な姿勢が細部にまで行き渡っています。

他にはないオリジナルな世界に1つだけの夢のマイホームを実現。自然素材にもこだわっていますので、安心で安全であることもお墨付き。

健康住宅を希望されている方にもおすすめ。

ワンズライフホームの注文住宅を検討されてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です